工作

子どもと工作!牛乳パックイスがアンパンマンに変身!?

  • 閲覧数:101
制作時間
60分
難易度
★★☆☆☆

先日つくった牛乳パックイス。

イスとして遊びの中で大活躍していますが、
牛乳パックにガムテープが丸見え…。

そこで、もう一工夫してアンパンマンに変身させてみました。

アンパンマンの準備!!

用意するもの
●フェルト 赤
      肌色
      黄色
      黒
      白
      青(マント部分で使用しました。
        本当は茶色ですが、家にあった青で代用しました。)
      *画像にあるピンクは使用しませんでした。

●両面テープ
●ボンド

アンパンマンカバーの作り方

1, それぞれのパーツに合わせ、フェルトを切る。
赤・肌色       土台

その他のフェルト   顔・マント部分パーツ

2, 顔の部分に両面テープを貼る。

3, 両面テープをはがし、肌色のフェルトを貼る。

4, 体の部分に両面テープを貼る。

5, 両面テープをはがし、赤のフェルトを貼る。

6, 顔パーツをボンドで貼る。

 
7, マントパーツをボンドで貼る。

アンパンマンのできあがり!!

牛乳パックがアンパンマンに変身!!まとめ

牛乳パックイスがあっという間にアンパンマンに変身しましたね。

フェルトや両面テープ、ボンドといった材料も
100円均一で揃いました。

フェルトは赤・肌色は使う部分が多いので、
大きめのものを買うことをおススメします。

顔パーツやマントパーツはシールタイプのものだと、
ボンドを使わず、そのまま貼れるので便利かもしれません。

両面テープは布用ではありませんが、
強力タイプのものを使用しました。

土台となる赤・肌色のフェルトは
引っ張りながら貼るときれい貼れました。

ちょっとずれてしまったときはもう一度はがして、
両面テープをつけなおし、貼りなおすことができました。

私も納得がいかない部分は何回かやり直しました…。

そして、大事な顔!!
パーツをうまく切れるか心配という方は
広告などで一度型紙を作ってみるとよいと思います。

私もパーツを切るのに時間がかかりました。
特に、眉毛や口は太さを何度も微調整しました。

大きさ・太さで印象が変わるので、納得のいく「顔」を作ってみて下さい。

イスがアンパンマンになると1歳の息子は大喜び!!
今まで以上に気に入ってくれています。

カバーといってもフェルトがあれば、あっという間に作ることができます。

今回はアンパンマンを作りましたが、
色やパーツを変えれば他のキャラクターも作れると思います。

ぜひ、作り方を参考に、
お気に入りキャラクターのイスを作ってみて下さい!!

スポンサードリンク

PR